アオリイカの一夜干し

味が濃縮される 一夜干し

一夜干しがなぜ?旨いのか?

釣ったイカをそのまま 刺身で食べたり、天ぷらにしたりしてもいい!しかし、一夜干しするとイカの味が濃縮され 最高の旨みが出てくる。この食べ方を考えた昔の人はえらい!ですよね

アオリイカも他の白いか、スルメイカと同じように一夜干しすれば、濃厚な味が凝縮されうまくなります。

一度にたくさん釣って、ご近所に分けるときでも、一夜干しにしてあげると喜ばれると思います。ヌメリが無いこと すぐ調理できる状態なんでね

するめ状まで乾燥させると長期保存できそうですが・・・正直、アオリイカをするめにしたことありません。あの旨さは するめにすると半減しそうな感じがします。

一夜干しで 今夜は一杯いきますか!

一夜干しの作り方

【作り方】

  1. イカの裏側に包丁を入れて開き、足も胴体にくっつけたまま開き、ワタと目玉と口を取り除き、洗って水気をよくふきとる。
  2. 清酒、水、塩を混ぜ、イカを25分間浸ける。
  3. ボウルに溜めた真水の中で軽くすすいで表面の塩を落とし、風通しの良い場所に一晩干す。日中なら4〜5時間干せばよい。
  4. 表面が乾いて、触っても手が濡れなかったら干し上がり

※1の補足
アオリイカは足をつけたままの一夜干しよりも胴の部分だけを捌いた方がやりやすいので胴の部分だけでもOK。

※2の補足
時々ひっくり返す。イカが小さめだったら浸ける時間を20分にする。

【ワンポイント】
残った漬け汁にウイスキーを小さじ1足して、鶏のササミを浸けて干せば、ササミの干物ができます。
盆ザルに上げて、時々ひっくり返しながら干してもええんじゃないでしょうか。

アオリイカのしめ方を動画で

アオリイカを旨く食べるには、上手にしめることが大事です。たくさん食するとわかってくると思いますが・・・最高なのは活〆なんです。できるだけ食べる寸前に 〆る(しめる)ことで、コリコリ感であったりが最高なんです。

逆に刺身などの甘みを求める人は、2日ほど寝かした身の方が旨いです。そして、一気に〆た(しめた)イカの方が旨いです

〆てる(しめてる)ところを映像で見れるものを用意したので見てみてください。

↑↑↑↑↑↑↑↑見てみて↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

上手なアオリイカのさばきかた

アオリイカの宣伝

さばき方を覚えると、料理が楽しくなる。いろんな料理に挑戦したくなる!