アオリイカの天ぷら

旨い!天ぷらの秘訣は下ごしらえにあり!

やっぱり、アオリイカの天ぷらがいいでしょう。

でも、油が飛び跳ねたり、丸まったりと面倒だと思ってませんか?
そんなあなたに役に立つ、上手に天ぷらをあげる方法を紹介します。

分厚いイカであるほど、天ぷらに適しています。春の大きなアオリイカは思い切って天ぷらにしてしまいましょう

こどもたちが、味付け無しでほおばるイカは絶品です。

イカの天ぷらが上手く出来ない人も、このページにのってる失敗しない天ぷらの揚げ方をみれば、バッチシです

いつものような失敗のない天ぷらを食卓に載せて家族を美っきりさせましょう!

アオリイカの天ぷら

天ぷらでもからあげでも要領は同じ、しかし油が跳ねない工夫をやりましょう

天ぷらなら「小麦粉」と「卵」と「水」で衣を作る
からあげなら「小麦粉」をまぶせばOKです。

衣をつけて揚げれば出来上がりです!

旨い!天ぷらにするには

切れ目を入れておくとそり返らない!

皮がついたままでもぶつ切りしても、裂きイカでも揚げてしまうと反り返ってしまいますよね。

それをそり返らないような工夫がある!

切れ目を入れることで、そり返らないし、柔らかくなるので旨い。さらに両面してあげると尚GOODですね

まんべなく粉をふる

イカを綺麗に揚げるために必要なことです。
特にイカの場合は顕著に出ます。綺麗に美味しく食べるのであれば、ここに力をいれましょう

油が跳ねない工夫

しっかりと粉を振る(付けすぎはダメ!全体に振る)

衣を少し濃い目にする。

ゆでるのではなく、霜降りする。

ゆでたものを揚げても美味しいですが、生の方がもっと美味しい。柔らかいし。
そこで、生と茹でるの中間熱湯にくぐらせて、表面だけ茹でる。あるいは、熱湯をかける。

アオリイカのしめ方を動画で

アオリイカを旨く食べるには、上手にしめることが大事です。たくさん食するとわかってくると思いますが・・・最高なのは活〆なんです。できるだけ食べる寸前に 〆る(しめる)ことで、コリコリ感であったりが最高なんです。

逆に刺身などの甘みを求める人は、2日ほど寝かした身の方が旨いです。そして、一気に〆た(しめた)イカの方が旨いです

〆てる(しめてる)ところを映像で見れるものを用意したので見てみてください。

↑↑↑↑↑↑↑↑見てみて↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

上手なアオリイカのさばきかた

アオリイカの宣伝

さばき方を覚えると、料理が楽しくなる。いろんな料理に挑戦したくなる!