魚釣りに必要な道具 ラインを選ぶ

ランカーチヌを知ること、磯釣りを知ること、チヌ釣りを知ること。道具を揃えることで夢達成といきたいものです。
50cmオーバーのチヌを釣るサイト
[磯釣りINDEX]    |  潮回り |  装備 |  道具 |  ポイント |  Ranker |  Method |  Link |  Profile |  ▲TOPに | 

いろんなライン(道糸・ハリス)

道糸

ラインは消耗品
そう思って釣りしないと上達しません。道糸ハリスをよく交換するひとはラインのことを よく理解できている人だと思います。

最近の商品は質がよくなってきてますので、少々のことでは劣化しなくなっています。でもやっぱり本気で勝負したいとき、ラインの力を十分に使わないと勝てません。
とくに「大物」クラスのときに予想もしない行動をされ・・・”プツ”といきます。ハリスは頻繁に確認する必要がありますし、釣りのたんびに交換するんはあたりまえですね

しかし、道糸はどうでしょうか?交換してますか?岩場などこすれた糸はホントもろいものです。道糸から切れると・・・道具すべてが飛んでいくので痛いです。最低でも釣りにいくたび に10mは気にしましょう!ということは、10回の釣行で100m。新しい道糸が必要になります。

どうですか?消耗品ですよね。価格、ブランドにこだわるのではなくラインは消耗品として自分がどのくらい釣りに行くかで選択してみてはどうでしょうか?経済的に裕福なのであれば 最高の道糸を頻繁に交換すればいい。でも釣りに大差ないと思います。ある程度の性能がある道糸を選べば問題ないでしょう。

道糸選択のこだわり

リール

チヌを釣るのであれば、道糸は「2号のナイロン」を利用します。その理由は・・・

最近のマニュアル本なんかみていると「フロートタイプ」を用いたり、「1.75号を使う」のように細い傾向がある。しかし、底付近を狙うチヌ釣りの場合は根ズレを気にしてすこし 太めのクラスを用いたほうが安心である。フロートタイプは、道糸操作するのが上手な方はいいが、気にしてない方は仕掛けが馴染むのを邪魔することになるので「2号ナイロン」がいい

冒頭にいったように頻繁に交換するほうがいい。ラインを観察する方法で一番の感度は、「なめること」手の感覚以上に敏感である そうすると意外に弱っていることがわかる。その大部分が根づれである。

また、海水につかった道糸は撥水効果が弱くなってくるので・・・ボナンザのような撥水スプレーを使うことをオススメします。

ハリス選択のこだわり

ハリスのガシラ

ラインのなかで一番気にしているのは、「ハリス」です。これは、魚に一番近い場所であるのと、自然なエサの落下、仕掛けのなじみ方を考えた場合重要だからです。

特に、ハリとのつなぎ目は最高に気を使います。磨耗に弱いこの手のラインは、結び目で切れることが多い。そして一番負荷がかかるのもここ!!です。
ハリスは、種類が多い。そのなかで自分にあったハリスを選ぶ基準は・・・

商品によってはしなやなものがあるが、そのしなやかゆえにライントラブルも多い。それよりもある程度のハリが必要だと思います。かつ磨耗に強いこと。
根ズレに強い。磨耗に強い。少々の耐久性がないものは頻繁に変えることで対応する。というかどんなハリスでも交換は豆にしますし、ラインの確認もする

そして、使いなれたものを利用するのはそのハリスの最大のちからがわかるから、限界で魚と格闘できる。そう思います。ハリスのポテンシャルがわかってから限界で勝負する、 未使用のハリスを切れるところまで引っ張って確認してみてください。結構強いですよ。切れるのは弱い部分が存在するからです。そこを注意深く観察して釣りをすれば、ラインを細くして 勝負することができます。大物の急激な反転にも耐えれるハリスの選択は自分で確かめることですね

<<<<<<リールについて<<<<<<

>>>>>>ウキについて>>>>>>

▲Page TOPに

磯釣りに必要なメソッドと知識


山元八郎 チヌ爆釣バイブル
ついに出ました!動画で確認このサイトのノウハウを再確認。
見てみる価値ありですYO。

年なしチヌとは・・・

必要な知識

チヌ釣りの極意

管理人
釣好師

管理人をしてます。「釣好師」といいます。よく但馬海岸(浜坂がメイン)に出没してます。 青のクーラーボックスに「釣好師」ってスッテカー張ってますので見かけたら声を掛けてやってください。

PR LINKS

北近畿のタグ