魚釣りに必要な知識!魚のいるポイントの見つけ方

ランカーチヌを知ること、磯釣りを知ること、チヌ釣りを知ること。道具を揃えることで夢達成といきたいものです。
50cmオーバーのチヌを釣るサイト
[磯釣りINDEX]    |  潮回り |  装備 |  道具 |  ポイント |  Ranker |  Method |  Link |  Profile |  ▲TOPに | 

釣れるポイントわかってる?

磯のポイント

どこに仕掛け流すか
右の写真みて、まずこの辺に仕掛け流そうかなって分かりますか?

闇雲に仕掛けを流せばいいというものではありません。チヌがいる場所にエサを集めて、仕掛けを持っていく問いことを考えましょう。
では、どんな場所が理想的なのか?理想的な地形をさがして釣りするといいんですね。

潮を見て釣るのは常識です。潮の流れも適当で濁りもあるのになかなか釣れない。というようなことを経験したことがありませんか? 「チヌ(黒鯛)は沖からやってくる」ということばあるくらいですから沖の本流に面した「潮表」で釣ることが常識なんですね。 「潮表」ですか。「地形」の変化ありますか?

このキーワード・・・・「地形」、「潮表」を考えて見ましょう

潮表で竿を出す

基本は、沖の本流に流れていく「潮表」を釣ること。わかりやすく言えば、潮が出て行く方向でつれば「潮表」である。
「チヌはおきからやってくる」この言葉からわかるように、潮下からエサを求めて寄ってくるんですね。ということは、潮裏で釣るとチヌの背後からエサがくるわけで これではなかなか、口を使うようなことはありません。

沖の本流に面した「潮表」で竿をだしましょう。釣りをするのしても、自分の足元に潮が当たってから吐き出すような潮では釣りにくいしね。
比較的釣りやすい場所が釣るべき場所なんでしょう

すこしでも変化のある地形を

チヌは、「潮回り」「潮時」「潮色」が揃っていても釣れないときがある。これは、チヌがそこにとどまることが出来ないのがほとんどである

なんでもいいんですが、地形に変化があるとチヌはそこに留まりエサを捕食します。比較的浅い場所では、海藻1本でもあればそこで食ってくる。カケアガリや沈み根、海溝に なっていれば、そこで喰ってくる。

逆を言えばそこに仕掛けをながしてやれば、釣れるということですね。いかに釣れる場所にエサを持っていくか?これだけなんです。
潮がどうだ、濁りがどうというまえに、釣りをする場所が、変化がある地形で「潮表」であれば一層釣れる確立が上がる。そんなもんです

磯のポイント

では、どこで仕掛けを流すかはわかりますね。これが正解です。なんてかきましたが・・・実際にはウキを流して見ないとわからないですね。
そこの地形や潮のヨレなんかがありますから・・・このポイントではヒットポイント沖に見える岩の手前にシモリがあるのでそこがヒットポイントでした。
手前にも瀬が張り出しているんですが・・・ここは潮裏になるので有力なポイントではないと思います。

<<<<必要な装備<<<

>>>道具を揃える>>>

▲Page TOPに

磯釣りに必要なメソッドと知識


山元八郎 チヌ爆釣バイブル
ついに出ました!動画で確認このサイトのノウハウを再確認。
見てみる価値ありですYO。

年なしチヌとは・・・

必要な知識

チヌ釣りの極意

管理人
釣好師

管理人をしてます。「釣好師」といいます。よく但馬海岸(浜坂がメイン)に出没してます。 青のクーラーボックスに「釣好師」ってスッテカー張ってますので見かけたら声を掛けてやってください。

PR LINKS

北近畿のタグ