年無しチヌのアタリを知り最適なやり取りはこれだ!

ランカーチヌを知ること、 磯釣りを知ること、 チヌ釣りを知ること。 道具を揃えることで夢達成といきたいものです。
50cmオーバーのチヌを釣るサイト
[Method INDEX]   仕掛け |  撒き餌・サシエ |  スーパーテク  ||  Ranker |  fishing |  Link |  Profile |  ▲TOPに | 
理想のアタリの出方
釣り人

ウキ下の設定が大事
チヌのアタリの出方が多くあるような本の説明もありますが・・・釣好師のオススメする”遠矢ウキ”のアタリは一つです。
でも、ウキ下が理想的な位置にあることが大前提ですけど・・・

そもそも、チヌのアタリは前アタリと本アタリがあります。
ジワーっとウキのメモリが一目盛り入り・・・スゥーっと消しこんで行きます。このスゥーっともって行くまでの時間が多少違うだけで、そのほとんどがこのパターンです。

しかし、「スパッと」消えるアタリも。「喰い上げる」ようなアタリがでることもあります。それは、ウキ下があっていないから。
基本的に底でウキ下を調整しますが・・・チヌの場合、浮いてくることもありますし、潮の干満でもウキ下は変化します。これがアタリがいろいろ出る理由であると思ってます。

あの 「スゥー」がたまらんのでチヌ釣りしているっていっても過言ではないですね!

年無しチヌとのやり取り

釣りのやり取り

アタリの出方が、わかればあとは、「やり取り」上手にチヌを底から切ることが出来ればよっぽどのことがない限り、切られないでしょう!

と立派なこと言いながら、切られた経験は数知れず・・・それがチヌだったかどうかは不明ですが・・・
切られたときのほとんどがハリス切れ。一回高切れしたことがありましたが。

ハリスに傷がついていたり、ほつれているようなときに大型が掛かるとそのテンションにはかなわない。そして切れるというパターンです。
まめに点検する必要があります。

チヌが掛かった瞬間にまず、浮かすこと。これができれば80%は獲れるでしょう。なぜならチヌは浮き始めると反転して切ろうとする魚ではないからです。
タナのほとんどが底っていいましたが、底から上がった魚の力はそんなに残っていません。落とし込みのような釣りで釣ったチヌは別格ですよ。
落とし込みの場合は、壁やスリットについているチヌなので弱り方が少ないので、タモに入れるまで気を抜けません。

上手なやり取りのコツを以下に列記しておきますね

【手前に障害物がある場合】
掛けた場所から自分の立ち居位置までに障害物があった場合、そのまま大きく竿を振り上げてあわせると道糸かハリスが当たりきれる可能性があります。
そこで竿は横に振ってあわせます。そうすると、魚は障害物の反対側を向くのである程度浮いてから上向きに竿を持つようにしましょう。

【瀬の荒い場所】
チヌは起伏の激しい瀬の周りに居ることが多いです。そんな場所で掛けた場合は、いち早く魚にこっちを向いて浮いてもらわないと、チョットしたことで「プツ」と切れます。
竿を上向きに合わせて魚を浮かせましょう。ある程度浮いてくると横の要害物を避けるように左右に竿を倒しながら、巻いてくること。竿の弾力を緩める事無く竿の角度さえ 気をつければなんとなく浮いてきます。

【瀬際で合わせたとき】
瀬際でやる場合は、竿を立てるとオーバーハングしているような場所でも切れることになりので、竿を前にだして巻く。それである程度魚の向きが変わったのを確認してから 竿を左右に振りましょう。竿と道糸と海面の角度だけ気をつければ問題ないはずです

<<<誘いについて<<<

>>>チヌ釣りの極意>>>

Advertisement

釣れる潮

年無しが釣れる潮がある。それが知ってるだけでわくわくする。そんな潮を解説しています。

釣れる仕掛けの流し方

絶妙な仕掛けの流し方。潮や風を考えて自然に仕掛けが馴染むように流すこれができれば・・・

渋いチヌを釣る誘い

喰い渋るチヌを喰わすテクニック。SASOIこれを知ってるだけでもチヌ釣りが120%面白くなる

チヌの微妙なアタリ

チヌが大きくなればなるほど明確なあたりは出さない。さそいとこのアタリを見極めることができれば・・



山元八郎 チヌ爆釣バイブル
ついに出ました!動画で確認このサイトのノウハウを再確認。
見てみる価値ありですYO。

年なしチヌとは・・・

必要な知識

チヌ釣りの極意

管理人
釣好師

管理人をしてます。「釣好師」といいます。よく但馬海岸(浜坂がメイン)に出没してます。 青のクーラーボックスに「釣好師」ってスッテカー張ってますので見かけたら声を掛けてやってください。

PR LINKS

北近畿のタグ