最高の竿、リール、ハリスがあっても釣れないのはなぜ?

ランカーチヌを知ること、 磯釣りを知ること、 チヌ釣りを知ること。 道具を揃えることで夢達成といきたいものです。
50cmオーバーのチヌを釣るサイト
[Method INDEX]   仕掛け |  撒き餌・サシエ |  スーパーテク |  こだわりのウキ  ||  Ranker |  fishing |  Link |  Profile |  ▲TOPに | 
仕掛けのバランスと年無しチヌ
チヌを釣る

バランス考えるだけで釣りやすい
どんな釣りでもそうだが、バランスが取れていれば、投入もしやすく、アタリもとりやすく、快適に釣りを楽しめる。さらにバランスの取れたタックルと仕掛けがあれば、意外な ほど強力なもので予想以上の大物が来ても取り込むことができる

高価な竿がいい!とばかりに竿に気合い入れて仕掛け作っても、バランスが悪いと小さな魚でも切られるし、仕掛けが飛ばない。最悪では竿が折れるなんてこともありうる。 一番いいのは、バランスのとれた仕掛けを作ること。
例えば、50cmのチヌを釣るのに仕掛けを沖に流さないといけないので・・・竿5号、リール中型のスピニングリール、道糸3号、ハリス2号、小型のウキ・・・ としたら、仕掛けは飛ばないし、ハリスの強度の割りには竿が硬いのでチヌの締め込みに耐え切れず切れてしまいます。

チヌの場合、最初の突っ込み。瀬にくっつきたくなるところをなんとか浮かせることが出来れば、ゆっくり上昇してきます。ハリスの強度と竿のしなりで十分対応できます。
大切なのは、値段ではなく・・・バランス。これを考えて釣りしてみましょう。

基準が釣れる魚のサイズ

チヌを釣る

仕掛けのバランスを考える時基準となるのは、「釣れる魚のサイズ」です。

魚の大きさが決まれば、「ハリ」が決まり「ハリス」、「ウキ」、「道糸」「竿」といった感じで決まります。
魚から順番に仕掛けを考えるのがスマートな考え方になるんではないでようか?

「チヌ仕掛け」では「ヒラマサ」や「真鯛」は取れないのか?

そんなことありません。バランスが命とよく言ったもので、いいバランスで仕掛けが出来ていれば・・・少々の魚の突っ込みにも限界で竿が耐えてくれます。
大事なのは、「気持ち」こいつを取るという強い気持ちがハリスを出さないし、竿でシッカリタメルことができる釣りになります。

最近の竿は高性能になっているので号数で各メーカを比較するのが難しくなってきています。使った感じと魚をかけた感じで習得できればと思います。
魚を釣るには、掛けた数よりも切られた数をいかに自分の能力とするかが大事なのかも知れません。

大体の目安を以下に表示しておきます。(参考ですよ)自分で使った感じからアレンジするほうがいいでしょう

サイズ 竿(号) 道糸(銀燐) ハリス(東レFX) ハリ(チヌ針)
20-30cm 0-0.6 1.5-1.75 0.8-1.2 1号
30-40cm 0.8-1 1.75-2 1.2-1.5 1-2号
40-50cm 1-1.25 2-2.5 1.5-1.75 2-3号
50cm以上 1.5 2.5-3 1.75-2 3-4号

<<<仕掛け<<<

>>>竿の力>>>

Advertisement

仕掛けのメソッド

仕掛けを知り、最高のパフォーマンスを!

チヌの撒き餌とサシエ

餌を考えてる。季節もポイントも考えることをやると・・・

これぞ!チヌ釣りの技!

このテクニックを習得すれば、どんなサイズでも動じないはず。

こだわりのウキを使う

仕掛けを流す。止める。安定させる。そんなウキにこだわる


山元八郎 チヌ爆釣バイブル
ついに出ました!動画で確認このサイトのノウハウを再確認。
見てみる価値ありですYO。

年なしチヌとは・・・

必要な知識

チヌ釣りの極意

管理人
釣好師

管理人をしてます。「釣好師」といいます。よく但馬海岸(浜坂がメイン)に出没してます。 青のクーラーボックスに「釣好師」ってスッテカー張ってますので見かけたら声を掛けてやってください。

PR LINKS

北近畿のタグ