年無しチヌを釣る為の潮流を見極めるメソッド

ランカーチヌを知ること、 磯釣りを知ること、 チヌ釣りを知ること。 道具を揃えることで夢達成といきたいものです。
50cmオーバーのチヌを釣るサイト
[Method INDEX]   仕掛け |  撒き餌・サシエ |  スーパーテク  ||  Ranker |  fishing |  Link |  Profile |  ▲TOPに | 
ポイントは生き物
釣れる潮

全体を観察して
流れを見極めることで、常に釣れる場所で釣りをすることが釣果を上げるコツです。
昨日釣れた場所で今日も釣れる!そんなことない!なんで釣れないの?そんな釣りをしていると、いつまでたっても釣果には恵まれない。
潮の流れは常に変化し、変わっている。そして、チヌが釣れる場所は決まっている。そう考えながら釣りえおすることが一番である。

では、具体的にどんな場所がポイントとなるのか?

重要なのは、「いくつかの潮がぶつかる場所」。足元のさらしと沖の本流がぶつかるな場所でもいい。
さらしとさらしがぶつかる場所でもいい。とにかく、いくつかの潮がぶつかる場所にエサは、集まり、魚もあつまる。そんな場所を見つけることだ!

釣れる潮を見極める

磯からのポイント

常に変化することを考えると、何を基準に潮の変化を見つけるか?

例えば、釣り場全を見回した場合、「水面がざわついている場所」と「ベターとしている場所」がある。この性質の違う場所の境界がポイントとなる。
そして、コマセ(撒き餌)をし自分の足元から流れる筋がポイントとなるのでその流れに仕掛けを投入することをやってみよう!

【防波堤や湾内の磯】
では、潮の流れは大体一辺倒で、同じ潮で釣りをすることになり潮下がポイントになる。コマセが落ちた底からがポイントになるのでわかりやすい。
そして、年無しは釣れた実績がある場所のほうが釣れやすいのも特徴である。

【沖磯や荒磯】
の場合、流れが複雑でそれに加え沖の本流のながれによって引っ張られる潮がことなるので、ポイントは常に変化している。
極端なことを言えば、さっきまで釣れていたのに全くつれなくなった。ってことも多々ある。

コマセを入れて、仕掛けの流れを観察すること。そして、潮がぶつかる場所。仕掛けが止まる場所。ウキがシモル場所。複雑になればなるほど分かりにくいと思うが
簡単に言えばこうである。

足元から変化のある場所までを流れで結ぶ。引かれ潮もあるが、たいていの場合本流に入った瞬間に当たりがある。
この変化するポイントを見極めること。そして、年無しは、実績場所でも釣れるポイントは変化する。そうすると期待値もグンとアップすであろう

<<<極秘テクへ<<<

>>>仕掛けの流し方>>>

Advertisement

釣れる潮

年無しが釣れる潮がある。それが知ってるだけでわくわくする。そんな潮を解説しています。

釣れる仕掛けの流し方

絶妙な仕掛けの流し方。潮や風を考えて自然に仕掛けが馴染むように流すこれができれば・・・

渋いチヌを釣る誘い

喰い渋るチヌを喰わすテクニック。SASOIこれを知ってるだけでもチヌ釣りが120%面白くなる

チヌの微妙なアタリ

チヌが大きくなればなるほど明確なあたりは出さない。さそいとこのアタリを見極めることができれば・・


山元八郎 チヌ爆釣バイブル
ついに出ました!動画で確認このサイトのノウハウを再確認。
見てみる価値ありですYO。

年なしチヌとは・・・

必要な知識

チヌ釣りの極意

管理人
釣好師

管理人をしてます。「釣好師」といいます。よく但馬海岸(浜坂がメイン)に出没してます。 青のクーラーボックスに「釣好師」ってスッテカー張ってますので見かけたら声を掛けてやってください。

PR LINKS

北近畿のタグ