年無しチヌを釣る為の誘いで微妙なアタリを拾う

ランカーチヌを知ること、 磯釣りを知ること、 チヌ釣りを知ること。 道具を揃えることで夢達成といきたいものです。
50cmオーバーのチヌを釣るサイト
[Method INDEX]   仕掛け |  撒き餌・サシエ |  スーパーテク  ||  Ranker |  fishing |  Link |  Profile |  ▲TOPに | 
チヌは落ちてくるエサに反応する
潮流

打ち返しは多いほどチャンス
が増えます。釣りをしていてタダ漠然と仕掛けを流しているのでは、チヌはつれません。なぜな、チヌは落ちてくるエサに反応し、漂ってるエサや動きの悪いエサには 反応しないからです。フカセ釣りがコマセとサシエを一致させることが重要なのはわかっていますか?
これも、自然と落ちるエサの筋にサシエを入れることで釣ることができるからです。

では、ウキが馴染んでからアタリが出るのにどの程度でしょうか?

せいぜい1分あればいいところ・・・それ以上は釣れる確率は低い。むしろ、打ち返しの数を増やして「落ちるエサ」 を演出した方が絶対に釣果は上がります。

道糸がサラシに取られて仕掛けが撒き餌の筋から外れた場合やウキがへんなう動きになるようならもう一度初めからやり直すべきですよ。
そして、流れがなく喰いが悪いときに”誘い”を実践してみる。

どうしても喰わないときの誘い

ウキ釣り

仕掛けを流すとき・・・流れが悪いときやポイントがその先にあるような場合、有効なことが多い「誘い」

この誘いは有効な場合はあるが、諸刃の剣かもしれません。違和感のあるエサには反応を示さないチヌは、異様な動きをするエサがある場合、警戒心が出て逆効果 となることもあることを付け加えておく。

【方法1】

  1. 仕掛けを投入して1分経っても当たりがない場合、ウキを1メモリだけ沈めて止める。
  2. リールを一回転だけ巻いてみる。
  3. エサが底を這うイメージで流す。

【方法2】

  1. 打ち返すタイミングなのをその先にカケアガリがあれば
  2. 仕掛けを張り、竿を一回大きくアオル
  3. ウキが沈みこむないようにスライドするイメージ
  4. 一気におろして道糸を流し込む

誘いのあとにコマセを打つは当然である。コマセの筋にエサがあるイメージは常に持っておこう

<<<仕掛けを流す<<<

>>>アタリについて>>>

Advertisement

釣れる潮

年無しが釣れる潮がある。それが知ってるだけでわくわくする。そんな潮を解説しています。

釣れる仕掛けの流し方

絶妙な仕掛けの流し方。潮や風を考えて自然に仕掛けが馴染むように流すこれができれば・・・

渋いチヌを釣る誘い

喰い渋るチヌを喰わすテクニック。SASOIこれを知ってるだけでもチヌ釣りが120%面白くなる

チヌの微妙なアタリ

チヌが大きくなればなるほど明確なあたりは出さない。さそいとこのアタリを見極めることができれば・・


山元八郎 チヌ爆釣バイブル
ついに出ました!動画で確認このサイトのノウハウを再確認。
見てみる価値ありですYO。

年なしチヌとは・・・

必要な知識

チヌ釣りの極意

管理人
釣好師

管理人をしてます。「釣好師」といいます。よく但馬海岸(浜坂がメイン)に出没してます。 青のクーラーボックスに「釣好師」ってスッテカー張ってますので見かけたら声を掛けてやってください。

PR LINKS

北近畿のタグ