年無しチヌを釣る道具 円錐ウキでも棒ウキでもいい。こだわりの一品を自分に

ランカーチヌを知ること、 磯釣りを知ること、 チヌ釣りを知ること。 道具を揃えることで夢達成といきたいものです。
50cmオーバーのチヌを釣るサイト
[Method INDEX]   仕掛け |  撒き餌・サシエ |  スーパーテク |  こだわりのウキ  ||  Ranker |  fishing |  Link |  Profile |  ▲TOPに | 
こだわりのウキに出会うため、ウキの役割を知ること
高い竿

ウキの役割を理解することで ウキフカセ釣りの概念が大きく違う。このことに早く気付いてほしい!

フカセ釣りは、自然にエサを流し、マキエと同調させるもの。そのフカセ釣りに「ウキ」を使うには理由がある。

釣りやすくするためである。しかし、その役割はほかにもある。この7つの役割を理解し自分の釣りでウキの役割を十分に果たすことができる「こだわりのウキ」を 見つけることで、ウキフカセ釣りの幅が広がりいろんな状況でウキを上手く使うことができると思う

ウキの役割

1.アタリ(魚信)を伝える

これが、ウキの機能そのもの。ただしくは、魚信を釣り人へ伝える機能というべきか
ウキを使わない釣りでは、手の感覚や竿先の動きに頼るしかないが、これだと小さなアタリは見過ごされてしまい、これをとらえるには、かなりの熟練が必要。

小さなアタリを目で見ることができれば断然有利となる。
そのためにウキには感度が必要となる。

2.目印

広い海の中に仕掛けがどこにあるのかを知らせる役割。
ポイントから外れたら修正や打ち返しが出来るし、一度つれたポイントを目で確かめることが出来る。
そのため、感度のほか見やすさも重要となる。

3.タナ(ウキ下)を保つ

ウキを固定させることにより、ハリとウキの距離を一定に保つ。
同じタナで釣り続けることができる。

4.タナ(ウキ下)の変化を知る

ウキに出るあたり方で知ること出来る。
スパッと消えるようなアタリ・・・タナが浅くなってる。
モゾモゾとしたアタリ・・・タナが深くなっている。(居食いしてる?)

5.ポイントへ仕掛けを運ぶ

ウキの自重を使って、遠くのポイントに投入したり、ボディの体積を利用して潮に乗せることができる。
適切なウキの重量と体積が必要。

6.潮の流れを読む

釣り場について、目だけで潮の流れたや速さを知るのは難しい。
しかし、ポイントに仕掛けを投入してウキを浮かべれば、潮の流れや速さを一目瞭然にわかる。

7.水深を測る

ウキの自重より重い錘をつけて、ポイントに投入すると、ウキの頭が出るようすればその水深を測ることができる。
周辺の数箇所しらべれば、底の状況を確認することができる。

「経験やカン」によるもので釣りをするのではなく、ウキを利用することで初心者でもベテランとかわらない釣果を手に入れることができる!!

<<<<<<テクニックTOP<<<<<<

>>>>>>仕掛けのバランスについて>>>>>>

Advertisement

仕掛けのメソッド

仕掛けを知り、最高のパフォーマンスを!

チヌの撒き餌とサシエ

餌を考えてる。季節もポイントも考えることをやると・・・

これぞ!チヌ釣りの技!

このテクニックを習得すれば、どんなサイズでも動じないはず。

こだわりのウキを使う

仕掛けを流す。止める。安定させる。そんなウキにこだわる


山元八郎 チヌ爆釣バイブル
ついに出ました!動画で確認このサイトのノウハウを再確認。
見てみる価値ありですYO。

年なしチヌとは・・・

必要な知識

チヌ釣りの極意

管理人
釣好師

管理人をしてます。「釣好師」といいます。よく但馬海岸(浜坂がメイン)に出没してます。 青のクーラーボックスに「釣好師」ってスッテカー張ってますので見かけたら声を掛けてやってください。

PR LINKS

北近畿のタグ