【サラシを攻める秘伝釣法INDEX】    磯際狙い    サラシの下    サラシの際    沖の潮目    根の上釣法    トップへ戻る   

サラシを釣るとグレ釣りが上手い

さらしの構造を知る

さらしの構造を簡単に説明すると、サラシというものは波やうねりが岩場にぶつかりそこで白く泡立つ現象です。 さらしの流れは立体的に把握する必要がある。表層は前進方向に強い流れを生じ、その先端部ではとがるような形に なりながら巻き込むような流れを作っている。 断面で考えてみると、さらしの根元では弱いながらも垂直方向へ潜っていく流れが 生まれている。 全体的に海水が渦を巻きながら進行するような流れであり、さらしの先端に行くほど影響は弱くなる。

釣れるサラシを知ることで、いろんな条件下でもグレを釣ることができる。そんなヒントが多いのが”サラシ”の釣りである

つづきはここから

サラシの攻めかた

名手から受け継いだサラシの攻め方ベスト5
四国、南紀、日本海、九州といろんな地方で通用した「サラシ攻略法」これがグレ釣りの爆釣テクニックの一つである!

エサトリ、潮読み、グレ釣りに必要なスキルがここに詰まっています。そのサラシを攻略するとグレ釣りは上手くなる。寒の時期までに攻略することをオススメします。

当サイトでは、サラシの攻め方に重点を置き、グレ釣りのテクニックを公開していきます。

  1. 磯際狙い
  2. サラシの下
  3. サラシの際
  4. 沖の潮目
  5. 根の上釣法
Advertisement

50オーバのチヌ釣り

年無しチヌ釣りたい!そんなあなたにお送りします。チヌ釣りサイト

エギングバトル

但馬海岸でエギングするなら必見サイト。エギングバトルで但馬へGO

釣りの偏光レンズ

釣りに必要な偏光レンズ。上手に使えば釣り上手くなる!

爆釣!北近畿の海釣り

北近畿で釣りをするならこのサイトは必見です!