【サラシを攻める秘伝釣法INDEX】    磯際狙い    サラシの下    サラシの際    沖の潮目    根の上釣法    トップへ戻る   

サラシで釣れる

グレ釣りが上手くなりたいのなら”サラシ”を極める

エサトリの多い時期や潮が動かないような状況では、サラシを狙うと有効なことが多い。それは、サラシには多くの魚を惹きつける魅力があるから・・・・

釣れるサラシと釣れない(使えない)サラシがあるのでそれを見極めれば、効果バツグンな釣りができます。サラシのことならここから

大きなサラシを前に攻めきれないアングラーがいると思います。

それは、いろんな技術が伴っていないからである。多くのグレ釣りの名手はサラシを上手く攻めることができる。 サラシを攻めることができるから、沖の本流釣りもできる。

グレ釣りは潮を釣るといわれるように潮の流れを確実に捉え、マキエとサシエの同調を取れば簡単に釣れる魚である。 サラシを使った釣りの場合、自分の足元から釣りができるのでこのグレ釣りの基本を学ぶことができます。

↓↓↓↓↓↓サラシの攻め方はこのあとに↓↓↓↓↓↓

サラシの磯際を釣る

名手から受け継いだサラシの攻め方
その1 「サラシの磯際を狙う」

磯際

最も、サラシを使った釣りでポピュラーな釣り方である。しかし、基本的なことを押さえて置かないと、釣りにならないようになるので基本をシッカリ押さえて グレ釣りをしちゃいましょう。

注意点が一つ。この磯際を釣る方法は、低水温期でも有効な場合があるが、大荒れしているようなときは有効でないことがあるの注意していただきたい

サラシの頂点でマキエの入れる

マキエは、エサトリに使うのか本命に使うのかをはっきりしていかないと、エサトリだらけの釣り場になってしまうことも多い。特に、エサトリの多い夏場から秋口にかけては マキエにしすぎは返って釣果はよくない!

磯際を釣るポイントは、サラシの頂点でマキエを入れる

マキエが沖に出ないように、磯際に溜めるためには、海が盛り上がってサラシが頂点になったときにマキエを入れると磯際にシッカリと巻き込まれる。

本命はそのマキエで寄せるようになる。エサトリは、サラシが強いので底まで潜ってくることは少ない。

仕掛けはハリからそーっと入れる

磯際を釣る場合、仕掛けがもみくちゃになって釣りにならないことが多い。それは、ウキや道糸がサラシに引っ張られてサシエの着いたハリがふらふらしてアタリも でないまま終わるからである。そんな状態で魚は釣れない。

少しかっこ悪いが、「ハリ」を磯際に着水させ、付けエサをサラシに巻き込ますようにハリスを入れていく。→次にウキをそーと着水させる。

こうすることで仕掛けが真っ直ぐに磯際に入るのでアタリがあれば、明確に竿先に着ます。

ハリスは太めでガン玉なし

磯際を釣ることとアタリはダイレクトにくるので、ハリスは太めにすること。バラシの原因は細ハリスの瀬切れである。

また、ハリは軸の太い重めの「グレ針」がいい。針の重みとエサの重みで十分にサラシに引き込ます必要があるからである。

基本、ウキは「固定」または「少なめの誘導」である。そうしないとアタリを取ることが出来ないし、トラブルが多くなるからである。仕掛けで最も重要となるのが ガン玉はいらないこと。上級者になるとガン玉を使って仕掛けを伸ばすことができるが、なかなかこれには熟練度を要する。

ガン玉で仕掛けを伸ばすのではなく、太めのハリスを引っ張るように馴染ませる方がトラブル無く釣ることができる

Advertisement

50オーバのチヌ釣り

年無しチヌ釣りたい!そんなあなたにお送りします。チヌ釣りサイト

エギングバトル

但馬海岸でエギングするなら必見サイト。エギングバトルで但馬へGO

釣りの偏光レンズ

釣りに必要な偏光レンズ。上手に使えば釣り上手くなる!

爆釣!北近畿の海釣り

北近畿で釣りをするならこのサイトは必見です!