【サラシを攻める秘伝釣法INDEX】    磯際狙い    サラシの下    サラシの際    沖の潮目    根の上釣法    トップへ戻る   

サラシで釣れる

グレ釣りが上手くなりたいのなら”サラシ”を極める

エサトリの多い時期や潮が動かないような状況では、サラシを狙うと有効なことが多い。それは、サラシには多くの魚を惹きつける魅力があるから・・・・

釣れるサラシと釣れない(使えない)サラシがあるのでそれを見極めれば、効果バツグンな釣りができます。サラシのことならここから

大きなサラシを前に攻めきれないアングラーがいると思います。

それは、いろんな技術が伴っていないからである。多くのグレ釣りの名手はサラシを上手く攻めることができる。 サラシを攻めることができるから、沖の本流釣りもできる。

グレ釣りは潮を釣るといわれるように潮の流れを確実に捉え、マキエとサシエの同調を取れば簡単に釣れる魚である。 サラシを使った釣りの場合、自分の足元から釣りができるのでこのグレ釣りの基本を学ぶことができます。

↓↓↓↓↓↓サラシの攻め方はこのあとに↓↓↓↓↓↓

重いオモリでサラシの下を釣る

名手から受け継いだサラシの攻め方
その2 「重いオモリで狙う」

磯際

サラシで釣れるの解っているんだけど・・・風や潮、立ち位置が悪くて釣りにくい。そんなときにやってみる価値がある釣り方

重めの仕掛けで「どぉーん」と落として釣ってみる。これが案外上手くいく。場合によっては大型も出てくることがあるので試して見る価値ありです

注意点としては、手返しがよくないので奥の手として考えたほうがいいと思います

オモリは1号か2号

オモリの大きさは思い切って「1号」か「2号」を使いましょう!

中途半端なオモリだと返って釣りづらくなります。重たい仕掛けでどーんとおとして、ハリスがふけている部分で釣りをします。グレは、落ちてくるエサに反応しますからオモリ から先のハリスがふけてる状況でも十分アタリを出してつれます。問題は・・・タナの設定ですね

釣りタナは・・竿1本

重たい仕掛けで釣る場合、ある程度水深のあるサラシ場でないと使えません。もしくは、サラシが出来る場所の多くは沖で段になっているような場所が多いです

その深場にダイレクトに仕掛けを落として、マキエは後からでも合ってくる。そんな感じ釣りをする方が正解です。設定は中途半端ににしないで思い切って
タナは竿1本でやって見る方がいいと思います。微調整はそのあとでいいと思います。

釣好師の場合、竿1本で釣れないことはないですね。何度かやっているうちに、つれなくなりますから・・・そうすると・・・こちらが有効ですね(笑)

Advertisement

50オーバのチヌ釣り

年無しチヌ釣りたい!そんなあなたにお送りします。チヌ釣りサイト

エギングバトル

但馬海岸でエギングするなら必見サイト。エギングバトルで但馬へGO

釣りの偏光レンズ

釣りに必要な偏光レンズ。上手に使えば釣り上手くなる!

爆釣!北近畿の海釣り

北近畿で釣りをするならこのサイトは必見です!