【サラシを攻める秘伝釣法INDEX】    磯際狙い    サラシの下    サラシの際    沖の潮目    根の上釣法    トップへ戻る   

サラシでグレが釣れる

グレ釣りが上手くなりたいのなら”サラシ”を極める

エサトリの多い時期や潮が動かないような状況では、サラシを狙うと有効なことが多い。それは、サラシには多くの魚を惹きつける魅力があるから・・・・

釣れるサラシと釣れない(使えない)サラシがあるのでそれを見極めれば、効果バツグンな釣りができます。サラシのことならここから

大きなサラシを前に攻めきれないアングラーがいると思います。

それは、いろんな技術が伴っていないからである。多くのグレ釣りの名手はサラシを上手く攻めることができる。 サラシを攻めることができるから、沖の本流釣りもできる。

グレ釣りは潮を釣るといわれるように潮の流れを確実に捉え、マキエとサシエの同調を取れば簡単に釣れる魚である。 サラシを使った釣りの場合、自分の足元から釣りができるのでこのグレ釣りの基本を学ぶことができます。

↓↓↓↓↓↓サラシの攻め方はこのあとに↓↓↓↓↓↓

サラシの切れ目は沈め探り釣り

名手から受け継いだサラシの攻め方
その3 「サラシの切れ目を沈め探り釣り」

磯際

サラシの中心は、沖に払い出す、押し出す力が非常に強い。しかし、サラシの切れ目は深みに沈み込むような流れができる。

沈み込む流れが弱いながらもあれば、そこにマキエが溜まる。グレが釣れる場所である。さらしの中心に仕掛けを持っていくと釣りにならない。

ウキの浮力をギリギリに調整して、ウキを若干沈めながら釣れば、潜りこむ潮を捉えてアタリが連発する

浮力をギリギリに

ウキが浮くとサラシの力に負けるこれを上手く避けるには、ウキの浮力をギリギリに調整する必要があります。

単純に3Bのウキに3Bのオモリをつければ、ギリギリになるのではなく、状況やウキの種類によって残浮力が違うので経験が必要になる。

理想的な調整は、サラシの横では喫水ラインギリギリで調整してサラシにちかづいていくとシモリはじめるような調整がベスト。

張らず緩めずの仕掛け

沈め探り釣りの難しいところが、仕掛けの張りである。沈んでいくウキがゆっくり入るように仕掛けを張らないとアタリが取れないことや 根がかりすることにもなる。

故意的に張りを作らないといけない場合もあるが、風やサラシの影響で張らなくても張れることもある。経験するしかないだろう

マイナス負荷のウキを使った沈め探りもあるが、完全フカセで太刀打ちできるサラシなら使ってみる価値があるが・・・サラシの中では仕掛けを張ることが 難しい。マイナス負荷のウキはどちらかというと、サラシの下を釣るときに使った方がいいであろう!

Advertisement

50オーバのチヌ釣り

年無しチヌ釣りたい!そんなあなたにお送りします。チヌ釣りサイト

エギングバトル

但馬海岸でエギングするなら必見サイト。エギングバトルで但馬へGO

釣りの偏光レンズ

釣りに必要な偏光レンズ。上手に使えば釣り上手くなる!

爆釣!北近畿の海釣り

北近畿で釣りをするならこのサイトは必見です!