【サラシを攻める秘伝釣法INDEX】    磯際狙い    サラシの下    サラシの際    沖の潮目    根の上釣法    トップへ戻る   

サラシでグレが釣れる

グレ釣りが上手くなりたいのなら”サラシ”を極める

エサトリの多い時期や潮が動かないような状況では、サラシを狙うと有効なことが多い。それは、サラシには多くの魚を惹きつける魅力があるから・・・・

釣れるサラシと釣れない(使えない)サラシがあるのでそれを見極めれば、効果バツグンな釣りができます。サラシのことならここから

大きなサラシを前に攻めきれないアングラーがいると思います。

それは、いろんな技術が伴っていないからである。多くのグレ釣りの名手はサラシを上手く攻めることができる。 サラシを攻めることができるから、沖の本流釣りもできる。

グレ釣りは潮を釣るといわれるように潮の流れを確実に捉え、マキエとサシエの同調を取れば簡単に釣れる魚である。 サラシを使った釣りの場合、自分の足元から釣りができるのでこのグレ釣りの基本を学ぶことができます。

↓↓↓↓↓↓サラシの攻め方はこのあとに↓↓↓↓↓↓

根の上釣法

名手から受け継いだサラシの攻め方
その5 「根の上釣法」

根の上釣法

エド山口さんが10年くらい前からオススメの釣法「根の上釣法」。関東の磯釣り師ならよくご存知の釣り方である。関東でないと通用しない釣り方ではない。

少し、こんな釣り方で?と思う釣り方であるが、これが結構良い型のグレがガンガンでるんだよね。

しかし、いつでもこれが出来るわけではありません。ある一定の条件が必要ですその条件が揃っている状況で試してみる価値は十分 あります。試して、引き出したグレ!これは驚きです。自分で釣ってこの釣り方の魅力に取り付かれてください(笑)

【根の上釣法の必須条件】

  • 沖の出過ぎない”サラシ”があること
  • マキエをすると”グレ”が見えること
  • 多少”ザワザワ”した波の状況であること

(右のようなサラシであれば、マキエ打って状況を確認して見えたらやるべき磯です)。多少強引にやり取りをする釣りなので落ちないように自分の足場もシッカリと確保 しておきましょう。足元中心の釣りなので、誰でもできます。

グレ釣りの常識を崩される釣り方ですが、奇抜な発想は、”エドさん”流ですよね

根の上釣法の必須条件ありか?

サラシを釣るので、そこにサラシがあるかが問題。サラシでもこの根の上釣法は、沖に出ないようなサラシがベスト。ザワザワしている状況で白く泡立ったような場所がいいですね

また、グレが見える!ということも大事であると思います

グレが見えるときに、釣れる!この感動は、”根の上釣法”です

短いハリス・短い誘導

根の上釣法の仕掛けは、奇抜そのもの

針は小型 グレ針の5号、6号。ハリスは4号くらい(太めです)。ハリスの長さは 40cm(短いです)

ウキは、小粒の重い仕掛け対応(1号か0.5号)で誘導にします。誘導幅は、ハリスと同じ 40センチ。浮いているグレを釣るので、この誘導部分が大きな要因

すぐ落とす・上げる

具体的な釣り方です。

  1. サラシの中にコマセを入れます。グレが居ることを確認。
  2. 仕掛けを入れ、すぐにコマセをかぶせる
  3. 仕掛けをストンと落とす
  4. 誘導部分を引き上げる
  5. 03と04を繰り返す

これで釣れます。(ホントに・・・)やり取りは強引にいかないと 瀬ズレで切られますから これでもか!というくらい強引にやってください

Advertisement

50オーバのチヌ釣り

年無しチヌ釣りたい!そんなあなたにお送りします。チヌ釣りサイト

エギングバトル

但馬海岸でエギングするなら必見サイト。エギングバトルで但馬へGO

釣りの偏光レンズ

釣りに必要な偏光レンズ。上手に使えば釣り上手くなる!

爆釣!北近畿の海釣り

北近畿で釣りをするならこのサイトは必見です!