潮を読む

一流の釣り師はこんなところから潮を読んでいる

「あーいかん!この潮じゃチヌはくわん!」

「こりゃ。ええぞ。はよ竿ださなあかん!」

磯

こんなフレーズを釣り番組でよく耳にしますが・・・なにを見てこの言葉が名手からでると思いますか?
そうです! 潮を読んでるんです←簡単に書いていますが、皆さんは潮がどうなったときに魚が釣れるか説明できますか?

このいい潮悪い潮がわかれば、一流の磯師に近くなったんではないですか?

このページでは、釣りに関係する潮という潮を徹底分析して、一流になりましょう!

  • 釣りの世界で耳にする”潮”のすべて
  • ”いい潮”と”悪い潮”を解説します
  • 釣好師式の”潮の読み方”を伝授します

潮を読むためには「偏向レンズ」がいい!

グレ

潮を読むには目が大事
ということなんですが・・・人間の目には限界があります。そこで必要な道具。
偏向レンズ!
使ったことのある人は驚きます。このレンズのいいところはたくさんあります。正しい使い方と手入れが出来れば、こんな便利な道具ありません。

↑絶対買ったほうがいい!上手くなるよぉ釣り。楽しくなるよぉ釣り!↑

詳しくはここから